頭皮のかゆみの原因にはシャンプーの仕方も関係してます!

 

こんな感じで美容院でシャンプーしてもらうのって本当に気持ちいいですよね〜。
やさしい感じマッサージされて、おもわず寝てしまいそうなくらい。

 

あなたが悩んでいる頭皮のかゆみの原因は
皮脂や汚れ、乾燥や菌の増殖、ストレス、シャンプー、食生活などさまざまです。

 

中でもシャンプーを変えても頭皮のかゆみが治まらない!
そんな方はシャンプーの仕方も間違っているかもしれません。

 

乾燥や雑菌の繁殖を防ぐシャンプーの方法を紹介します。

 

熱いお湯はダメ!

シャンプーする時に40℃以上の熱いお湯は頭皮によくありません。
お湯が熱すぎると頭皮に負担を与えてしまったり、必要な皮脂を落としてしまったりします。
シャンプーの時は38℃くらいのお湯で流すようにしてください。

 

原液を直接つけるのはダメ!

 

シャンプーを直接地肌につけると地肌への刺激が強すぎてかぶれの原因になったり、
すすぎで十分に落とせず洗い残しになってしまいます。
まずはシャンプーを手に取って軽く泡立ててから使いましょう。

 

爪をたてて洗うのはダメ!

 

髪の毛の汚れはお湯で流した時点でほとんど落ちています。
シャンプーは髪の毛を洗うのではなく、頭皮を洗うものです。
指の腹を使い頭皮マッサージしながら洗ってください。

 

 

すすぎ不十分はダメ!

 

シャンプーが頭皮に残ってしまうと頭皮を刺激し、トラブルの原因になります。
シャンプーのぬめりが取れたからOKではなく、3分から5分はすすぐようにしてください。

 

ドライヤーを使わないのはダメ!

 

シャンプー後はしっかり髪の毛を乾かしましょう。
ショートヘアや短髪だからといって髪の毛を濡れたままにしておくと、
雑菌が繁殖し頭皮が不衛生な状態になってしまいます。
タオルで十分に水分を拭き取り、ドライヤーを使いましょう。

 

ドライヤーは髪に近づけすぎないよう10cm以上は離した状態で、
同じ部分に2秒以上当てないようにしましょう。
頭皮も髪の毛も熱に弱いです。

 

 

毎日シャンプーしてはだめ??

そんなことはありません。
髪について汚れはお湯で流すだけで落ちますが、
頭皮についた皮脂はそれだけでは落とせませんので1日1回はシャンプーしてきれいにしましょう。

 

逆に荒いすぎは頭皮を落としすぎて逆効果なので控えましょう。

 

 

このように正しいシャンプーの仕方は少し面倒に感じるかもしれませんが
慣れてしまえばなんてことはありません。

 

これからはこのような感じでシャンプーをしてみてくださいね。